11月18日投開票の知事選で、佐喜真淳宜野湾市長(53)を擁立した自民党県連と出馬表明しているシンバホールディングス会長の安里繁信氏(48)が、保守系候補一本化に向け最終調整に入ったことが30日、分かった。31日に佐喜真氏と安里氏が面談し、安里氏の出馬取りやめに向け議論する。

(左)佐喜真淳氏(右)安里繁信氏

 関係者によると、安里氏側は保守分裂回避の意向を持っている。安里氏が知事選で掲げる予定だった提言などを佐喜真氏の政策に反映できないかなどを調整するという。安里氏の正式な出馬取りやめの公表は支持者らへ経緯の説明を終えてからになる見通し。