11月18日の沖縄県知事選に立候補を表明している佐喜真淳宜野湾市長(53)とシンバホールディングス会長の安里繁信会長(48)は31日、保守系候補の一本化に向け那覇市内で会談した。両者は県政奪還には保守中道勢力の一本化が重要だと合意し、継続して協議することを確認した。

保守系候補の一本化へ向け話し合いに入った安里繁信氏(左)と佐喜真淳宜野湾市長(右)=31日午前9時ごろ、那覇市牧志・いとみね会館

 県連関係者によると、県連は安里氏へ、佐喜真氏への候補者一本化を要請した。安里氏は保守分裂回避の重要性は認めつつ、「誰に一本化するかはこれからだ」と述べるにとどめた。