名護市辺野古の新基地建設を巡り、翁長雄志知事は27日、沖縄防衛局の工事が環境保全に配慮していないことや軟弱地盤などの問題が判明したとし、前知事の埋め立て承認を撤回する意志を表明した。沖縄防衛局側が撤回を無効化する法的な対抗策を打ち出していくことは必至で、県と国の争いは再び法廷の場に移る。