県内の不動産業者約300社でつくる全日本不動産協会県本部は26日、沖縄子どもの未来基金に10万円を寄付した。 県庁で同日あった贈呈式で、同本部の土田英明本部長は「児童養護施設に通う子どもたちの将来のために役立ててほしい」と話した。県子ども生活福祉部の大城玲子部長は「大切に使いたい」と感謝した。