名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は30日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K4」護岸で、希少サンゴ移植のために残していた最後の開口部の接続に着手した。ダンプカーが護岸上に運んだ砕石をクレーンで海中に投下した。