沖縄県の翁長雄志知事は31日、8月2日から予定する2019年度沖縄振興予算の確保と沖縄振興税制の継続・拡充のための政府、与党などへの要請を見合わせると文書で発表した。代理で謝花喜一郎副知事が要請する。

 翁長知事は「私が内容、理由、必要性などを(要請先に)説明したいと考え、主治医と相談していた。今日まで重要でハードな公務をこなしてきたが、主治医から、ここでいったん治療に時間を割いてほしいという話もあり、先週痛めた足にも負担があることから、今回、私の要請を見合わせることにした」と説明している。