11月18日投開票の沖縄県知事選で、立候補を表明しているシンバホールディングス会長の安里繁信氏(48)が出馬を取りやめる方針であることが31日、分かった。自民党県連などでつくる候補者選考委員会の出馬要請を受諾した佐喜真淳宜野湾市長(53)に、保守系候補者が一本化される見通しとなった。複数の関係者によると、安里氏は今後、佐喜真氏側と政策などを協議し、支持者への説明を終え次第、不出馬を表明する。

(左)佐喜真淳氏(右)安里繁信氏

 県連会長の国場幸之助衆院議員は同日、安里氏と那覇市内で面会し、佐喜真氏に候補者を一本化するよう要請していた。

 一方、安里氏は会合後、記者団に「次期沖縄振興計画など課題は山積しており、心一つに頑張っていく」と保守分裂回避の重要性は認めつつ、「誰に一本化するかはこれからだ」と慎重な姿勢を示した。

 安里氏は今回の要請を含め自身の支援団体に、県政奪還に向け佐喜真氏へ一本化する必要性などの説明を始めるという。県連は佐喜真氏の出馬会見を8月中旬には実施したい意向で、安里氏は早ければ8月第2週にも出馬断念を表明する見通しという。

 会合には佐喜真氏も同席。佐喜真氏は記者団に「県政発展のために頑張っていくことはお互いに確認している」と語り、県政奪還に向けた環境づくりが必要との認識を示した。会合は県連が安里、佐喜真両氏に呼び掛け実現した。安里氏もかねて面会を求めていた。