沖縄県立芸術大学の藤田喜久准教授と高知大学の斉藤知己准教授の研究チームは、沖縄本島と伊江島の海底洞窟から、新種のエビ類を発見したと発表した。熱帯や亜熱帯海域のサンゴ礁や岩礁域に生息する「スベスベオトヒメエビ属」の新種で、和名「オクノスベスベオトヒメエビ」と名付けられた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。