沖縄タイムス+プラス ニュース

世界50カ国の空手家が沖縄に大集合 「沖縄空手国際大会」始まる

2018年8月1日 15:49

 世界各地の空手家が一堂に集い、先人から受け継がれてきた沖縄の伝統空手・古武道の「型」を競う「第1回沖縄空手国際大会」(主催・同実行委員会、県、沖縄伝統空手道振興会)が1日、那覇市の県立武道館と豊見城市の沖縄空手会館会場に開幕した。世界50カ国・地域から競技に約1200人、沖縄空手セミナーに延べ2300人が参加。沖縄空手の神髄に触れるとともに友好を深め、「平和の武」を世界に発信する。

交流演武会で型を披露する外国人選手=1日午後、那覇市・県立武道館

観客の声援を受けて入場するアメリカの選手団=1日午前、那覇市・県立武道館

交流演武会で型を披露する外国人選手=1日午後、那覇市・県立武道館 観客の声援を受けて入場するアメリカの選手団=1日午前、那覇市・県立武道館

 大会は沖縄空手の保存継承と将来にわたる振興を目的に開催。流派ごとの型を競う初の世界大会。

 同日午前10時半、沖縄空手会館の特別道場では県指定無形文化財保持者の仲本政博氏(80)や東恩納盛男氏(79)、県内空手4団体の会長の計6人が大会の成功を祈願し演武を奉納した。

 同保持者の上原武信氏(88)があいさつし、「世界に空手発祥の地沖縄を発信し、世界の空手として発展させよう」と呼び掛けた。

 県立武道館では開会式があり、琉球舞踊や獅子舞、棒術、エイサーで選手らを歓迎。続いて、道着に身を包んだ各国の選手が笑顔でアリーナ内に入場し、国旗を掲げたり、客席で声援を送る家族らに手を振って答えたりしていた。

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム