県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者の東恩納盛男氏(79)は、国際沖縄剛柔流空手道連盟総本部の最高師範。17歳で空手を始め、国内外で指導して半世紀を超える。今や弟子は世界60カ国に20万人にも及ぶ。