第1回沖縄空手国際大会の開催にあたり、沖縄伝統空手道振興会の喜友名朝孝理事長(78)に意義や展望などを語ってもらった。◇    ◇ 今大会は流派別の「型」を重視した初の国際大会で空手発祥の地・沖縄を強くアピールする機会だと捉えている。沖縄空手の神髄は型にある。