沖縄労働局は7月31日、2017年度に沖縄労働局に寄せられた個別労働紛争(民事上のトラブル)の相談は前年度比0・1%減の2025件で、うち「いじめ・嫌がらせ」が517件と最も多かったと発表した。4年連続トップで、相談に占める割合は25・5%に上り、過去最高だった。