【金武】うるま市の屋慶名青年会が7月29日、金武町の小規模多機能ホーム浜田を慰問し、迫力満点のエイサーを披露した。30畳ほどの室内の壁際に入所者のお年寄りや、スタッフ約30人が座った後、残りのスペースで総勢20人が演舞した。青年会の国吉龍海会長(25)は「史上最も狭い会場かもしれない」と笑った。