県とトロピカルテクノプラスは7月26日、那覇市の県立博物館・美術館で、微生物を使った環境に配慮した研究開発をテーマに講演会を開いた=写真。 県環境科学センターの古家克彦部長は「沖縄の微生物が汚れた土をよみがえらせる」と題し、微生物を使って土壌や地下水の汚染を浄化する研究について説明した。