批判的な読者への返答は明快だった。〈戦争、原発、言論圧力、沖縄差別、まっぴら御免。こんな『まっぴら』を左翼だとおっしゃるのなら、左翼でけっこうです〉▼雑誌「通販生活」は2016年の参院選で〈今回ばかりは野党に一票を〉と呼び掛けた。