○…スイカ柄の帽子をかぶり、村特産品のアピールに余念がない喜屋武治樹今帰仁村長。人であふれる海洋博花火大会の会場でも、同じ帽子をかぶった人たちを見つけ出したり、子どもから「スイカのおじさ〜ん」と呼ばれたり、認知度向上に満面の笑み。