【平安名純代・米国特約記者】訪米中の佐喜真淳宜野湾市長は27日、米上院軍事委員会のマケイン委員長と会談した。

 マケイン氏は会談後に発表した声明で「私が米軍普天間飛行場の閉鎖とキャンプ・シュワブ(辺野古沿岸)に普天間の代替施設を建設する計画を含む、沖縄の統合計画にコミットしているということを改めて(佐喜真氏に)表明した」と強調した。

 また、東村高江の米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設について「沖縄への土地の返還を可能にする北部訓練場の着陸帯の建設を完了するために、日米両政府はさらなる対応を講じる必要があると考えている」と強調し、早期実行を促したことを明らかにした。

 マケイン氏は佐喜真氏との会談について「沖縄の今後の展開をめぐり、建設的な会話ができた」と評した上で、辺野古移設とヘリパッドの建設を着実に進めていくために、日本政府や佐喜真氏と協力していく姿勢を示した。