国立劇場おきなわによる「琉球舞踊鑑賞教室」が7月28日、浦添市の同劇場であり、「舌切り雀(すずめ)」をモチーフにした新作舞踊劇「舌切りスーサー」が上演された。地謡の多彩な表現力が存在感を放ち、報恩譚と琉球芸能の要素が調和。舞で描く生き生きとした物語の中に教訓がさらりと盛り込まれた。