組踊をアレンジした劇「玉津の恋〜組踊『手水の縁』より〜」が7月22〜25日まで、那覇市のひめゆりピースホールで上演された。役ごとにしまくとぅばと標準語を使い分けて筋立てを明示。洋舞風のダンスも織り込まれ、古典が清新に味付けされた。高宮城実人・みうらもとお脚本・演出、松元靖音楽、知花小百合振り付け。