【北海道で比嘉太一】第25回全国高校写真選手権大会(写真甲子園2018)は2日、北海道東川町などで2日目の撮影と公開審査会があった。県勢の真和志高校と浦添工業高校の2校は旭川市、東神楽町の市街地などで「光」をテーマに撮影し、8枚組の作品を発表した。3日までの3日間の総合得点で優勝校が決まる。