沖縄県石垣市磯辺の国道390号沿いの放牧地で、牛たちが連日のようにガジュマルの木陰の下で猛暑をしのいでいる。水迫畜産(本社・鹿児島県指宿市)の牧地で、10本ほどの樹木の中でもガジュマルが牛たちに大人気。焼け付く日差しに「モーたまらん」とばかりに集結している。

ガジュマルの木陰に集結し、酷暑をしのぐ牛たち=石垣市大浜の放牧地

 牧地は4ヘクタールほどの広さで、出産を控える十数頭の成牛が牧草を食べている。今夏は樹高10メートル余のガジュマルがつくる50平方メートルほどの木陰が暑さをしのぐ牛たちで“満席”。近隣住民や通行人から「牧場のオアシスみたい。牛も熱中症が怖いのかな」と注目を集める。

 同畜産は鹿児島と沖縄で多くの子牛を生産する。水迫政治社長(76)は「ここは景観維持や飼料代節減、健康牛育成などの目的で約10年前から昼夜放牧している。ガジュマルなど樹木は暑さしのぎにいい。牛たちは風が通る最適の場所を知っている」とほほ笑んだ。(太田茂通信員)