【米国シアトル=仲村賢一】タイムス海外ホームステイでシアトルに滞在している中高生43人は1日、大リーグのマリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでアストロズ戦を観戦した。会長付特別補佐に就任したイチローの姿を見ることはかなわなかったが、野球の本場でメジャーリーガーのプレーを楽しんだ。

マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで試合観戦をした生徒たち=米シアトル

 八重山高3年の藤本夏南(かなん)さんは「想像していたのとスケールや迫力が違う。野球がこんなにも楽しいスポーツだと初めて感じた」と、観客の多さや盛り上がりに圧倒されていた。

 豊見城高3年の新城羽乃(うの)さんは「シアトルでの英会話授業は内容が深くとても楽しい。昨日はジャパニーズ・アメリカン(在米日系人)の歴史を日系4世の方から教わった。戦時中の収容所生活の苦難、解放後の努力に感銘を受けた」と話した。3日はボーイング社の航空機組立工場を見学。23日間の研修を経て16日に帰国する。