沖縄空手

全種目の4強そろう 沖縄空手国際大会 きょう決勝

2018年8月5日 08:39

 第1回沖縄空手国際大会(主催・同実行委員会、県、沖縄伝統空手道振興会)は4日、那覇市の県立武道館と豊見城市の沖縄空手会館で本大会第1日を行い、各部全種目のベスト4が出そろった。3月の県内予選突破者と、県外・海外予選を勝ち抜いた選手の計約440人が熱戦を展開した。

本大会で力強く演武する古武道(棒)の選手=4日、那覇市・県立武道館(国吉聡志撮影)

 少年(15~18歳未満)成年1(18~40歳未満)成年2(40~60歳未満)シニア(60歳以上)の男女に分かれ、流派ごとの伝統の型を競った。チェコのジャン・コパッキーさん(33)は旗1本差で惜しくも4強入りを逃した。「もっとできたし、悔しい。2回目があれば出場したい」と語った。

 本大会最終日の5日は、首里・泊手系、古武道の棒とサイは県立武道館で、那覇手系と上地流系は沖縄空手会館で準決勝と決勝を行う。

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム