【読谷】読谷村大湾の国道58号沿いに、複合型商業施設「シナジースクエア」が27日、オープンした。区画整理した大湾東地区で初の施設。飲食店やコンビニエンスストア、歯科診療所などテナント9店舗余が開店する。

シナジースクエアの開店を記念してテープカットする関係者ら=27日、読谷村大湾

 敷地は約6800平方メートル。2階建て1棟と1階建ての2棟の延べ床面積は約1800平方メートル。駐車場は120台以上を備える。同地区では将来は3千人規模の人口が想定され、スーパーやカーディーラーも進出を計画している。

 開店式典で、施設を運営するシナジープラス(中城村)の亀島淳一代表は「北側棟の2階は健康と美にこだわるなどコンセプトにこだわったバランスのとれたテナント構成となった。1度2度だけでなく、何度も足を運んでほしい」と呼び掛けた。