サッカーJ3で2位のFC琉球は5月1日午後4時から、県総合運動公園陸上競技場で4位のSC相模原と対戦する。

ゲーム形式の練習で汗を流すFC琉球の選手たち=中城村ごさまる陸上競技場

 相模原は昨季まで琉球を率いた薩川了洋監督が指揮を執る。5試合で失点2と守備が安定しており、琉球の攻撃力が試される。

 前節のカターレ富山戦で今季初ゴールを挙げたMF田辺圭佑は薩川前監督に指導を受けた1人。「やりづらい部分はあるが、プレーの質や精度で負けたくない。今の琉球が良いチームだということを前監督に証明したい」と気合十分だ。

 金鍾成監督は前節のホーム戦で観客数が千人を切ったことに触れ、「もっと勝たないといけない。そのために点を取らないと」と語った。