「投げた瞬間は頭が真っ白になった。緊張がやっときた」。3ゲーム連続パーフェクトを達成した上地秀裕さん(45)はボウリング歴4年余。柔和な笑顔を浮かべながら、最終36投目をこう振り返った。息を殺して見守った観客からは、大記録達成の瞬間、大きな歓声が上がった。