【石垣】ベンチャー企業のチャレナジー(東京、清水敦史CEO)は3日、台風などの強風時も電力を供給できる「垂直軸型マグナス風力発電機」の実証実験を石垣市白保で始めた。琉球大学と共同研究を進める出力10キロワットの発電機で、発電した電力で衛星通信システムを稼働させる実験も開始。