津堅島は勝連半島の先端から南東約4キロメートルに位置し、周囲約8キロメートルの離島だ。島には古くから伝わる棒術があり、島出身の体育教師の指導で中学の体育祭で披露されたこともある▼開催中の第1回沖縄空手国際大会で、スウェーデンの選手が「津堅の棍」を演武した。