辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は4日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、国の土砂投入を前に県民大行動を開催し、主催者発表で約600人が参加した。共同代表の高良鉄美氏と稲嶺進前名護市長、国会議員らは「連携を深めて、政府と闘おう」と訴えた。