(写図説明)那覇市の沖縄赤十字病院であった避難演習。看護士や警察官、消防の見事な連携で、約4分間で全患者を退避させた=1955年8月4日。