【宮古島】宮古島市内のマンゴー用ビニールハウスの解体作業で脚立から落ち、左足と右手を骨折した30代男性作業員の事故を報告しなかったとして、宮古労働基準監督署(宮國浩署長)は1日、農園事業主で市内在住の男性(58)を労働安全衛生法違反(労災隠し)の疑いで那覇地検平良支部に書類送検したと発表した。