民意を押しつぶして進む名護市辺野古の新基地工事に、海と陸から抗議の声を上げた。4日、米軍キャンプ・シュワブ周辺であった二つの大行動に参加した市民は「諦めない」と口をそろえた。(1面参照) 護岸ですっかり囲われた海に岩があり、アジサシが羽を休めていた。