私が沖縄大学に通っていた1970年代前半は、復帰運動や日米安保闘争などの大衆運動が盛んだった。那覇市の与儀公園では集会や県民大会が数多く開かれ、そのたびに学生からお年寄りまで数万人が結集した。米軍基地など沖縄の問題を深く考えるようになったのはその頃から。