1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下され、強烈な爆風、熱線、放射線によって街は一瞬にして壊滅した。あれから、73年。広島はきょう原爆の日を迎える。 被爆者の平均年齢は82歳を超える。高齢化が進み、体験を語れる人がますます少なくなってきた。