1948年8月の伊江島南海岸の大口(うふぐち)を描いた絵。夕暮れ、村連絡船を下り家路に就く人や、浜で水遊びをする姿がある穏やかな風景だ。描いたのは玉城照政さん(78)=宜野湾市。70年前、伊江島で起きた米軍LCT爆発を今年3枚の水彩画に仕上げた。 2枚目は爆発を描いた。