沖縄マツダ販売(土井耕輔社長)が6月に改良した主力車「アテンザ」のセダンと、昨年末に発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-8」の展示会が6日、那覇市のタイムスビル1階で始まった。7日まで。

沖縄マツダ販売が展示しているアテンザ(手前)とCX-8=6日、那覇市のタイムスビル

 ブランドイメージの再構築を進めているマツダを代表する2車種で、シンボルカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」が来場者の注目を集めている。いずれも最高グレードの「Lパッケージ」を展示。

 浦添店営業担当の我喜屋翼人さんは「間近で見て触って、マツダの魅力を感じてほしい」と語った。

 展示は午前10~午後6時。問い合わせは同社、電話098(877)6210。

沖縄マツダ販売が展示しているアテンザ(手前)とCX-8=6日、那覇市のタイムスビル