気象庁によると強い台風13号(サンサン)は8日から9日にかけて、暴風域を伴って東日本の太平洋側にかなり接近する恐れがある。台風接近前から前線の活動が活発となる見込みで、東日本太平洋側を中心に大雨や暴風や高波、高潮に警戒が必要。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた7日午前8時40分現在の台風13号

【台風13号の進路予想図】9日にも関東上陸の恐れ(気象庁HPより)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた7日午前8時40分現在の台風13号 【台風13号の進路予想図】9日にも関東上陸の恐れ(気象庁HPより)

 強い台風13号は7日午前6時現在、父島の北東の海上にあって、時速約20キロで北北西に進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 停滞する前線により、関東甲信地方を中心に7日昼過ぎから雷を伴って激しい雨が降る見込み。台風の接近する前から大雨となり、台風周辺の雨雲がかかる8日から9日にかけて、関東甲信地方を中心に非常に激しい雨が降り、降り始めからの総雨量がかなり多くなる恐れがある。

 8日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で関東甲信地方、東北地方 80ミリ。その後、9日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、関東地方200~300ミリ、東北地方150~200ミリ、伊豆諸島・甲信地方100~200ミリ。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒を。

 伊豆諸島では8日には海上を中心に風が非常に強くなり、8日昼過ぎから猛烈な風が吹き、大しけとなる。関東地方の海上でも暴風となり、海は猛烈なしけとなる見込み。東北太平洋側や東海地方でも大しけとなる見込み。

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は伊豆諸島30メートル(45メートル)関東地方25メートル(35メートル)。8日にかけて予想される波の高さは関東地方10メートル、伊豆諸島・東北地方8メートル、東海地方7メートル。

 気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するとともに、年間で最も潮位が高い時期となるため、台風接近時を中心に高潮に警戒・注意するよう呼び掛けている。