沖縄防衛局が30日、名護市辺野古の沿岸部に設置したフロート(浮具)の撤去作業に着手した。国は県への“配慮”を前面に出すが、臨時制限区域の解除など原状回復の求めに応じる姿勢はみせない。県からはフロート撤去は当然だ、との評価とともに、世論に向けた政府の政治利用との警戒感も出ている。