神戸港を出た「笠戸丸」が約2万キロの航跡を刻み、サントス港へ到着したのは、今から110年前の1908年6月。「希望の大地」を目指したブラジルへの第1回契約移民781人のうち325人が沖縄県出身者だった。