9日は長崎に原爆が投下されて73年の原爆忌。那覇市の與那嶺尊(たかし)さん(53)は、県の遺族代表として長崎市である平和祈念式典に参列する。数年前に一緒に行った父浩さんは今年3月に90歳で亡くなった。戦争の記憶が深く刻まれた父の姿を胸に、今度は一人で被爆地に立つ。