気象庁によると強い台風13号(サンサン)は8日夜遅くから9日昼頃にかけて、暴風域を伴って関東地方や東北太平洋側にかなり接近する見込み。台風の速度が遅いため、影響が長引く恐れがある。西寄りの進路を進んだ場合、上陸の恐れもあるという。大雨、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、高潮への警戒も必要だ。

8日午前6時10分の台風13号(ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風13号の進路予想図(気象庁HPから)

8日午前6時10分の台風13号(ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風13号の進路予想図(気象庁HPから)

 強い台風13号は8日午前3時現在、八丈島の東南東約230キロにあって、時速約15キロで北西に進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 関東甲信地方と東北地方には、8日昼頃から台風周辺の雨雲がかかりはじめ、9日にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降る。また、降り始めからの総雨量がかなり多くなる恐れがある。

 9日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で関東地方300ミリ、東北地方200ミリ、甲信地方180ミリ、伊豆諸島150ミリ。その後、10日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東北・関東地方100~200ミリ、甲信・北陸地方100~150ミリ。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒を。
 伊豆諸島では、海上を中心に風が非常に強く、大しけとなっており、暴風や大しけは、9日にかけて続く見込みです。関東地方や東北地方太平洋側でも、海は大しけとなっている所がある。東日本から東北地方にかけての太平洋側では今後は風が次第に強まり、9日にかけて海上を中心に暴風となり、猛烈な風が吹く恐れがある。海は9日にかけて猛烈なしけとなる。

 9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は関東地方35メートル(50メートル)、東北地方30メートル(45メートル)、伊豆諸島25メートル(35メートル)、東海地方23メートル(35メートル)。

 9日にかけて予想される波の高さは、関東・東北地方10メートル、伊豆諸島7メートル、東海地方6メートル。東北地方では10日にかけて大しけが続くおそれがある。気象庁は暴風や、うねりを伴った高波、台風接近時を中心に高潮に警戒・注意するよう呼び掛けている。