「父のお土産はいつも大きなタンナファクルー2個」。2本の指で大きな円を作り山入端久恵さん(71)=名護市=はほほ笑んだ。浜で毎日父の船を待った。叔母にそう聞かされた。(27面に関連) 父の平安山厚勇さんは伊江村連絡船の船長。だが、久恵さんは父のことを覚えていない。