熊本地震後に避難所として開放された熊本学園大学(熊本市中央区)で、唯一、医師免許を持つ下地明友教授(68)=宮古島市出身、神経精神科専門=が避難者の健康や精神面のケアに奔走している。(社会部・浦崎直己) 熊本学園大学はもともと避難所には指定されていないが、地域住民の要望を受けて被災者を受け入れた。