糸満市真栄平の沖縄少年院(渡辺玲子院長)で7月29日、女性ダンスグループMAXの慰問公演が開かれた。メンバー3人はヒット曲メドレーで歌やダンスを披露し、14~20歳の約25人の在院生が公演を楽しんだ。

歌とダンスを披露したMAXのメンバー=7月29日、糸満市真栄平・沖縄少年院

 同院では不定期で著名人の慰問公演を続けており、MAXのメンバー来県に合わせて公演が実現した。メンバーは2015年から「矯正支援官」として活動しており、初の少年院公演となった。

 メンバーは「TORA TORA TORA」などのヒット曲を熱唱し、在院生らは手作りのうちわを振って応援し、時折笑顔も見せていた。

 質疑応答で矯正支援官になったきっかけを問われたMINAさんは「俳優の杉良太郎さんから誘いを受け、私たちにできることで社会貢献がしたいと参加した」と打ち明けた。

 最後は全員で「島人ぬ宝」を歌い、在院生代表がメンバーに感謝の言葉を贈った。