「オール沖縄会議」は9日、那覇市内で記者会見を開き、同会議が主催し翁長雄志知事が出席予定だった11日の「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」で翁長知事を追悼するため、参加者に喪章や黒リボンの着用を呼び掛けた。

県民大会への参加を呼び掛ける「オール沖縄会議」の共同代表ら=9日、那覇市

 壇上には翁長知事の席を準備し、椅子の上には知事が大会で着用予定だったという青色の帽子を置く。

 稲嶺進共同代表は「土砂投入を許さないことと、これまで頑張ってきた知事の思いを引き継ぎ追悼する集会にしたい」と述べた。

 大会名や青のテーマカラーは当初通り。プログラムを一部変更し、大会冒頭に黙とうをささげる。翁長知事の次男で那覇市議の翁長雄治氏が、当初プログラムで予定していた知事あいさつとは別に、知事が生前に家族へ残していたメッセージを読み上げる。

 同会議によると、遺族から県民大会で参加者へ伝えたいとの申し出があったという。知事あいさつは、謝花喜一郎副知事が代読する。

 大会は大雨や台風14号の強風域に入る場合は延期する。延期の判断は10日午後3時までに行う。