射るような瞳でスクリーンを見つめ、高音の遠慮のない笑い声に心が緩む。私の映画デビューが父の大好きな任侠(にんきょう)映画だった事を思えば、この作品の客席の反応は何ともうらやましい。

「インクレディブル・ファミリー」

 家族全員が特殊能力を持ち、その力で数々の犯罪を防いできたインクレディブル一家。だが、その能力故に恐れられ、ヒーロー活動を禁じられて久しい。突然の妻・ヘレンを名指ししての出動要請。これまで、常に家族をひっぱってきたボブパパは隠せないジェラシーと共に子供3人の世話を引き受けることになる。

 ヒーローとしての活躍と親としての悩み。役割を入れ替えてみれば、相手の大変さも分かる。現代の家族の問題もしっかり折り込みながら、それぞれの持つ能力の生かし方も楽しく、続編にありがちなマンネリもなし。(スターシアターズ・榮慶子)

◇シネマQ、シネマライカム、ミハマ、サザンプレックスで上映中。