人のiPS細胞から角膜の細胞を作製し、けがや病気で角膜を損傷した患者に移植し再生する研究を進めている大阪大のチームが22日にも、臨床研究の実施を学内の審査委員会に申請することが11日、分かった。(共同通信)