インターネット広告運用サポートを手掛けるシーエー・アドバンス(平川義修社長)と次世代のITリーダー育成に取り組むRyukyufrogs(琉球フロッグス、比屋根隆理事長)は、アプリ開発などのプログラミング技術を無償で学べる「CA-Frogsキッズプログラマー特待生」の第2期生を募集している。募集期間は27日まで。説明会を15日午後1時半から、那覇市の国際電子ビジネス専門学校で開く。

募集を呼び掛るシーエー・アドバンスの中山拓也プロジェクトリーダー=2日、那覇市・沖縄タイムス社

 対象は沖縄県内の小学1~6年生で、応募者から2人を選抜する。特待生は7月から半年間、累計100時間の授業でプログラミング技術を学ぶ。12月11日に開催する発表会で、特待生自身が企画・開発した作品を披露する。ソフトウエア開発のレキサス(うるま市、比屋根隆社長)が協力する。

 シーエー・アドバンスの中山拓也プロジェクトリーダーは「1期生はアプリを作り出す熱意と、大人顔負けのプレゼンテーションが印象的だった。ことしも意欲のある小学生を期待している」と応募を呼び掛けた。

 説明会は、参加無料だが予約が必要。問い合わせはシーエー・アドバンス、電話098(941)2272。