気象庁は14日午前4時25分、ミッドウェー諸島近海を西北西に進んでいる発達した熱帯低気圧が台風17号(ヘクター)になったと発表した。台風は同日午前3時現在、ミッドウェー諸島近海にあり、時速約25キロで西北西に進んでいる。

台風15,16、17号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心から半径170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 一方、台風15号(リーピ)は14日夜から15日朝にかけて九州南部や九州北部地方にかなり接近し、上陸する見込みで、暴風に警戒し、うねりを伴った高波に注意が必要。気象庁はまた、大雨による土砂災害に警戒・注意し、低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けている。

 台風15号は14日午前3時現在、父島の西北西約500キロにあり、時速約20キロで北西に進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっている。