沖縄県議選は知事選と並び県内政局の構図を決定付ける政治決戦となる。今回は名護市辺野古の新基地建設反対を柱に誕生した翁長雄志県政となって初の県議選。与党が議席の過半数を守れるかは翁長県政の「中間テスト」の意味合いも含んでおり、翁長知事は与党候補応援や選挙区調整に積極的に取り組んでいる。